Cholon (Ville Chinoise)

J.M. de Kermadec, Société Asiatique d’Editions, Saigon, 1955

「チョロン(中国人の街)」「ショロン」と読むべきだろうがここでは「チョロン」と記載しておく。
(内容説明は最後の画像の下)

内表紙にはカッコして中国人の街ともある。本書は南ベトナム時代1955年のチョロンを多数の写真で紹介したもの。

全体を次の8章に分類: 描写と歴史、チョロンの夜、音楽と中国的演劇、暦と占い、宗教と寺、中国人の娯楽、中国人の社会生活、現代における中国文化。
文字による説明と多数の写真を掲載しているが、町の中に見える文字というとほとんどが漢字であり、若い女性もアオザイ姿は見られず支那服ばかり。チョロンと言うと最近はほとんどがホーチミン市の一部として紹介されているにとどまり、チョロンのみを取り上げた本書はその点でもユニークなもの。

写真はページ大のものも多く総数で約80。なお裏表紙は表と同じ写真だが漢字で「堤岸」と書かれており、左下に「甘茂徳」とあるのは筆者(Kermadec)の名前の漢字表記か?本書は3000部が印刷され、それぞれに固有番号が付与されているがこの分はNo.1957

225x280o, 143pp, SC(DC), フランス語。 USED 外観は経年で古さを感じる。裏表紙と最後の数頁は下部に濡れのシミが特に写真のない白いページで見られるが数頁のみ。最初からページをめくっていっても特記すべき不具合は見当たらない。

 


商品番号: B4487
在庫 あり
USED外観は経年古さを感じる。裏表紙と最後の数頁は下部に濡れのシミが写真のない白いページで見られるが数頁のみ。ページをめくっていっても特記すべき不具合は見当たらない)
販売価格
(税込)  16,850

 

Cholon (Ville Chinoise)

J.M. de Kermadec, Société Asiatique d’Editions, Saigon, 1955

その他の美術書・写真集は
http://www.nsleloi.co.jp/art&photobk.htm

レロイ書店のホーム