Regards sur l’Indochine 1945-1954

Hugues Tertrais, Gallimard/Ministère de la Défense, FRANCE 2015

「インドシナへの視線、1945-1954
(内容説明は最後の画像の下)

 

前書きのBenjamin Storaは仏領アルジェリア生まれの歴史家で映画「インドシナ」の歴史アドバイザーを務めた人。軍の情報班や写真班は同地で繰り広げられている戦争、戦闘をカバーする一方でPierre SchoendoerfferRaoul Coutardといった若いカメラマンは戦闘以外にも極端に悪い条件のもとで現地の人々の生活、文化、景観などにについても目を向けて、多くの写真を撮影した。本書で彼らの芸術的で質の高い写真を提供する。

全体を、気を失った戦争、フリーズした画像、インドシナへ<戻ってきた>フランス、植民地社会、仕事と日常、インドシナの伝統、フランス領インドシナの終焉、という項目分けて特選の写真を掲載。写真はほどんど白黒だが一部カラーも含め合計約160

250x260o, 155pp, HC, フランス語

 

商品番号: C1054
在庫: あ
販売価格(税込)7,130円

Regards sur l’Indochine 1945-1954

Hugues Tertrais, Gallimard/Ministère de la Défense, FRANCE 2015

 本書はレロイ書店で取り扱っています。
(品切れになることもあります。お問合せ下さい)

ベトナム戦争・インドシナ戦争写真集(書籍)のページ

レロイ書店のホーム