Indochine 52-53

Erwan Bergot,Presses de la Cite, FRANCE 1990

インドシナ52-53」で、同じ筆者の Indochine 1951(発行者同じ、1987年)に続くものとなる。

最初は写真(ページに1点はある)も載せながら文章での解説で次の19項目:
総司令官サラン、ホアビン:退却、デルタ:支配地、デルタ:「霧雨」から「メタクリウス」へ、デルタ:「ポルト」「ポロ」「トゥルコ」、「ヒトコブラクダ」「カンガルー」「アンテロープ」作戦、「喜びのない道」、
GCMA、秋季攻勢、ターイ族の国の戦闘、ロレーヌ、ナサン:戦闘の前日、ナサン:衝突、「ブリュターニュ」と「トゥルーズ」作戦、ラオスの春、サランからナヴァール司令官へ、不確定要素、「カマルギュ」から「ムエット」へ、ディエンビエンフー。

中半以降はインドシナ1952-195作戦の記録写真としてホアビン:撤退、デルタでの作戦、高地でのベトミンの攻勢、1952年デルタでの冬、ナヴァール作戦、53年冬の戦闘の全6項目。
ここでは写真がページの大部分を占め、文字はとなると写真キャプション程度。
この写真メインの
ページが全体の2/3以上

215x290o, 191pp, HC, フランス語 

 

商品番号: D1419
在庫: あり
(USED 背表紙部が色あせしているが、他に特記すべき不具合なし)
販売価格
(税込) 8,610円

 

Indochine 52-53

Erwan Bergot,Presses de la Cite, FRANCE 1990

 

本書はレロイ書店で取り扱っています。
(品切れになることもあります。お問合せ下さい)

ベトナム戦争・インドシナ戦争写真集(書籍)のページ

 レロイ書店のホーム