Catalogue des Monnaies Vietnamiennes, Francois Thierry, Bibliotique Nationale, FRANCE 1987;  「ベトナム貨幣のカタログ」でフランスの国立図書館の貨幣・メダル・アンティーク部門による編集。最初に、ベトナム貨幣史の初歩(古代から独立まで:3世紀〜939年、独立からチャン王朝の終わりまで:1014世紀、レ朝とタイソン:1518世紀、グエン朝:18021945)について説明したあと、カタログ部は王朝と反逆者の貨幣(1014世紀)、中国貨幣の模倣(1014世紀)、はっきりしない貨幣(1314世紀)、王朝と反逆者の貨幣(1518世紀)、中国と日本の貨幣の模倣、はっきりしない貨幣(1518世紀)、王朝と反逆者の貨幣(1920世紀)、ベトナムのお守りの8項目に分けて解説。ここでは時代と貨幣の中の文字は手書き漢字も入れて、その越語読み、意味、、デザイン、形状(サイズ=直径、重量)、Yナンバーそれに補足説明が記載。重量単位、貨幣単位、歴史年表、目次が入ったあとに最後まで貨幣写真のページがある。貨幣は前半説明部分の番号が付され、(連続ではないが)1から最後は1929まで。貨幣写真は全て白黒だが、現物大のサイズである。なお、本書自体には改訂版はないが、2002年に補充版が出されその中で本書の「正誤表」がある。215x295o, 114pp(+写真39pp), SC, フランス語 USEDのようだが新品同様

MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army II

Jason M. Harby著, 米Hardy Publications発行 (2012年)
 

筆者は先に
SOG: Team History and Insignia of a Clandestine Army (Volume 1)
SOG: Team History and Insignia of a Clandestine Army V2  (Volume 2)
SOG: Team History of a Clandestine Army (今回分のVol.1に相当: 2011)
(最初の2点は共著)を発行した人。

本書(Vol.II)はVol.Iに続きMAC V SOGの別の4つのチームについて非常に多くの写真を掲載し紹介。

1章リーコン・チーム・クレイト
2章リーコン・チーム・ニュー・メキシコ
3章リーコン・チーム・オハイオ
4章リーコン・チーム・ワシントン

紹介されているのは各チームの歴史(創設とそれ以降、解散まで)、所属していた隊員、特に隊員についてはチームとの係わりを最初から記載し参加した作戦から、戦後退役の履歴(一部についてはその後の没年も)など。

それぞれの隊員について個人が大写しになったベトナムでのスナップを掲載。写真は基地の姿、あるいはグループのものも少なくないが、人以外ではパッチ、プラーク(記念楯)、証明書、ベトナムで入手した様々な戦争関連小物も多数。

ニュー・メキシコの隊員には"SOG A Photo History of the Secret Wars”などの著書でお馴染のJohn Plaster氏の名前も見られる。最後のRTワシントンでは隊員紹介の後にHALOミッション、少数民族の隊員(写真と民族名、生年月日などのデータが紹介;他のRTも少数民族隊員の項目はあるが少し異なる)、訓練等の項目がある。

ユニフォーム、武器、装備についての説明は僅かだが、戦場における隊員の写真が多いので、それらに関心のある方が見ても参考になろう。巻末の付録はA.インシグニア、B.用語説明。

220x285o, 393pp, HC(DJ), 英語

 

MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army II

Jason M. Harby著, 米Hardy Publications発行 (2012年)
 

 

本書はレロイ書店で取り扱っています。
(品切れになることもあります。お問合せ下さい)

ベトナム戦争・インドシナ戦争写真集(書籍)のページ