海外のベトナム関係書籍の再入荷分   

最終更新日 2020年06月25日 (価格は税込み)

商品No.

タイトルなど

価格(円)
C1291
Early Photography in Vietnam , Terry Bennett, Renaissance Books, UK 2020;  「ベトナムの初期の写真」。筆者テリー・ベネットはロンドンを拠点として40年にわたり東南アジアと東アジアの写真を収集し、その歴史について研究してきた。初期の写真の歴史については先に日本、朝鮮、それに3部作の中国など12の著書があるが、本書はインドシナにスポットを当てた最初のものである。

前書きの後、第
1章ベトナムとベトナム人の一番最初の写真、第2 商業スタジオ(1860年代~1870年代)、第319世紀のベトナムの有名な写真家エミール・グセル(Émile Gsell; 1838-1879)、第4章商業スタジオ(1880年代~1890年代)、第51884-85年清仏戦争の写真家シャルル・エドゥアール・オカール(Charles-Édouard Hocquard; 1854-1911)、第620世紀の写真家の選択、の全6章に分類。その後、ベトナムにおける写真の年表、付録1.ベトナム(1845-1954)のおける写真家とスタジオのリスト、付録2.ラファエル・モローとエミール・グセルの番号リスト、付録3.絵葉書、付録4.王家の写真肖像、付録5.名詞及びキャビネ版、付録7. 1863年フランスのベトナム大使館、写真用語、特選書籍。とにかく写真に関する書なので各章とも色々な写真が満載。写真は章、あるいは付録ごとに連番が付与されており、サイズも章(付録)によりまちまちであるが、総数は約580点。古い写真、特に古い絵葉書を主にを集めた本は従来にも見られたが、本書が類書と異なるのはテーマが写真、写真家、写真スタジオに及んでおり、絵葉書以外の筆者個人の膨大なコレクションからの写真が多いところであろう。

180x255, 401pp(厚さ37㎜), HC(DJ),
英語
13,200
  C261
Le Viêt Nam des Royaumes,Cercle D’Art, France 1995; 「王国のヴェトナム」。ドンソン文化、交趾の単色陶磁器、青白及び多色陶磁器、チャンパ、ダナン博物館、ヴェトナム少数民族家屋の方法と美、グエン王朝の小さな時間、アルバート・カーン、ファン・ケ・ビン、トンキンのオカール[注:このオカールは人名Charles Édouard Hocquard19k世紀後半にトンキンで軍医兼記者であった人]、等の項目があり種々の陶器(一部銅器)、衣服などがカラー及び白黒写真100以上を掲載して解説。その後に地図、用語、書誌オリエンテーション、年表。210x300, 110pp , SC, フランス語 7,700
  C1278
The Vietnam Whore (How Asian Prostitutes Defeated the United States of America), Mekong Moe, USA 2019;  「ベトナムの売春婦(アジアの売春婦がどのようにアメリカ合衆国を打ち破ったか)」。ベトナムの売春婦はベトナム戦争に勝利し、平和になった。1965-75年にサイゴンの薄暗い路地、派手なバー、怪しげな売春宿で膝をついていたLGBM[注:GI用語で「小さな茶色のファックマシーン」と言った意味]が米軍をベトナムにひざまずかせた...。筆者はベトナムで最も有名な国際的売春婦であるという。本書には目次がないので、ページをめくって項目を拾っていくと、緒言:戦争でのベトナムの売春婦、ベトナムの性と西洋の見解、ベトナムのFemDom[注: Female Dominationの略で、性行為に於いて女性が支配的な役割を果たすこと]、他の植民地の影響、堕落しての歌と喫煙、1945-1955年のインドシナ売春婦、南ベトナムの売春婦、歴史的視点での売春婦と平和、1996年とそれら全て、大衆文化の中のベトナム売春婦、陥落後、などが太字になっている。付録1ではベトナム人売春婦に関する本、付録2では映画の中のベトナム売春婦、付録3では一流のベトナム人売春婦(名前リスト)、それに参考文献。19世紀末よりの同地域での売春婦事情が記されており、当時の関連する多数の絵葉書写真を掲載、そこには現在では入手の難しい珍しいものも見られる。中で20世紀初めのインドシナでの売春婦と分類としてバンブー売春婦、デイライト売春婦、サンパン女性、中国人売春婦、コンガイ、ヨーロッパ人売春婦、日本人売春婦、家庭内使用人、フランス女性、混血との記載がある。20世紀初めの日本人売春婦についても写真と文章で触れている。テーマがテーマなので、掲載写真は必ずしも万人向けのものばかりではないので注意。150x230, 254pp, SC, 英語 155x230, 254pp, SC, 英語。 2,970
 C275
Birds of South Vietnam, Philip Wildash, Charles E. Tuttle Co., Japan 1968; 「南ベトナムの鳥」で、東京のCharles E. Tuttle Co1960年代に発行。これは1968年の第2刷(第1冊も68年)。最初に鳥の系統的リスト(ここで1~586の番号を付与)、一般的な鳥の部位の名称。南ベトナムの鳥を紹介。表紙には北ベトナム、ラオス、カンボジア、中国、タイ、ビルマ、マレーシア、インドネシア、ボルネオ、フィリピンといったアジア地域で見られる鳥もカバー、とあるが、紹介されているのはあくまで南ベトナムで観察された鳥である。

586種類については最初のリストの番号順に紹介、説明として生息場所、地域、習性、識別方法等の詳述が記され、系統的リストの分類で一区切りとなるところでプレート(カラーの図番)がある。図番は片面のみでその直前に紹介された鳥が示されている。イラストは236、そのうちカラーーは215にものぼる。

各地の鳥類学者やバードウオッチング協会などの協力を得て、
60年代後半に編集されたもの。

160x220. 234pp, HC(DJ及び汚れ防止の為の透明ビニールカバー), 英語。 全文英語だが、鳥の種類、名称についてはラテン語でも併記、

USED 発行後50年以上が経過し、天地小口部は若干の着色あり。背表紙とその近くは色褪せあり。透明カバーで覆われ保護されているため、表紙はきれい。内部のページも書き込みや端の折れなどはなくきれい(実際にはほとんど未使用か?)
7,310
C1169B
Vietnamese (Saigon Dialect) Special Course 12 Weeks Volume II Lessons 17-32, Defense Language Institute, Department of Defense, USA August 1966;  「ベトナム語(サイゴン方言)特別コース 2 17-32課」。この分はAugust 1966で、他にJune 1966あり(後者はC1169で、この分とは発行時期が2か月異なる以外に表紙の色が異なる。ただそれを除くと内容は全く同じ)

表紙の色が異なるのみで内容はC1169と同じ(内容見本の画像も同様なので、この分についても画像はC1169の分を参照)。ただ、ホッチキスは上中下の3ヶ所で留めている。

USEDの扱いだが、使用された形跡が全くない。経年で表紙は上下左右端近くが変色しており、天地小口も若干その気配はあるが軽微。中はわずかに古さを感じるものの書き込みなどは一切なく、折れや汚れも見当たらないきれいな状態。



柱: 上の画像はC1169の分で、内容は全く同じだが、このC1169は書き込みは一切ありません。(左端の表紙画像はC1169Bの現物)
5,000
 C1168
Vietnamese (Saigon Dialect) S-1 Level Special Warfare Limited Fluency Language Course Lessons 1-25, Defense Language Institute, Department of Defense, USA 1965; 「ベトナム語(サイゴン方言) S-1レベル 特殊戦争 流暢に話せない言語コース 第1-25課」。

ベトナム語のとっかかりで、入門編といえる内容。そのため最初はオリエンテーションでベトナム語の文字と声調から入り、全
25課は挨拶、質問する、福、数詞、日と時間、方向、現地の人と会う、食糧と水を求める、現地人の生活への順応、村長と会う、健康、兵の動き、敵の情報を聞く、地図の位置、無線連絡、補給物資、警告と信号、攻撃の準備、捕虜の尋問、捕虜の尋問(続き)、友人に会う、レストランで、場所の確保、防衛組織。各課ともイラスト5点、会話、代替ドリル・パターン、応用ドリル、語彙、役に立つ教室でのフレーズ、宿題、リーダー、新語、問題などからなる。

会話内容に合わせたイラストが多数あり、いかにも戦時中らしいもの。会話の例文には番号がついており、イラストの中には番号と対応する。
200x260, 133pp, SC3か所でホッチキス綴)。ホッチキスによる綴じだが、表紙のみが外れている。それ以降のページはきっちり綴じられており欠けたページはなし。経年で表紙が薄く汚れており表紙のホッチキス穴部分はサビが出たり、下部ホッチキス穴部で若干の欠けがあります(左端欄の表紙画像で視認可)。内部のページは若干の古さは感じるものの未使用かと思われ、きれいで書き込みは見当たらない。


6,860
C505
Viêt-Nam Parole d’ancêtre Viêt (Au temps des mandarins), Patrick Kersale & Nguyen Van Su, ANAKO Editions, FRANCE 2000; 「ベトナム、祖先の語り(科挙官僚の時代)」で、「祖先の語り」コレクションの一冊。

最初に前書き、口承文学を通じてのベトナム、ベトナム文化の特徴的要素について触れたあと、ベトナムの言語と文字、 歴史的伝説、地質学的伝説、歴史的な伝説、地質学の起源の伝説、道徳、高級官吏の話、人間性の風刺、チャン・クィンのお伽話、地獄の悪魔と王様といった主項目に分け、そのなかにいくつかの小項目がある。即ちタム・カム他の道徳伝説等を本の中で文字の説明をしながら関連したところを附属の
CDに収録。若干の写真あり、またCDに収録された関連の部分は本の中でも欄外にCDのマークがあって分かるようになっている。

CDには北部の大衆劇場の唄、スァンフォン・ロンホー・キムティエン、バンゾックの滝、風刺文学「チャン・クィン」、リュート伴奏の子守歌、ヴォンコ、チャウヴァン、ハノイの寺での女性仏教徒の祈り、北部の葬儀音楽、12弦シタールの即興音楽、カチュ、北部の大衆劇場の唄など合計20曲(点)。(CDに収録の内容は裏表紙に)。

150x210, 157pp , SC, フランス語、 CD1枚付 

USED
新品同様だが、裏表紙内側にCDを入れた紙袋が貼り付けられているが上部が破られCDを取り出したことが分かる。ディス自体はゴミや傷がなく新品同様と言える。
3,450
 C090
Echoes of the Mekong, Peter A. Huchthausen & Nguyen Thi Lung, Nautical & Aviation Publishing Co. of America, USA (1996);  筆者は元米海軍リバーボート指揮官とメコン・デルタに居住していた女性(85年にODPで渡米)。1967年のメコン・デルタ。パトロール中、敵の襲撃を受け生き残った筆者を含む2人は、重傷を負ったベトナム人少女ルンを救助し、手当てを施す。ルンの村はテト攻勢中に北ベトナム軍に占拠された。75年以降、彼女は共産政権下で苦難の生活を送るが、82年にUPI記者に手紙と写真を託す…。戦争と平和を描いた実話! 160x235㎜, 165pp, HC(DJ), 英語 4,500
 C098
Pagodas, Gods and Spirits of Vietnam, Ann Helen Unger, Walter Unger, Thames & Hudson Ltd., UK 1997;  「ベトナムの寺、神及び精神」写真集。先祖崇拝、アニミズム、道教、儒教、仏教、パゴダと宗教芸術、ディン、英雄を祭った寺、等という章に分けて(写真ともに)文字による解説を行い、それ以降は迫力のある写真で飾られている。写真は簡単なキャプションのあるものと全くないものがある。230x300, 197pp, HC(DJ), 英語 7,560
C100

Return To Vietnam, Jean-Claude Guillebaud & Raymond Depardon, Verso, UK (1994); オリジナルは”La Colline des Anges: Retour au Vietnam”で、本書はその英訳版。戦後20年という視点からの写真である。 

章も多いが写真集に近い。街角で、スァンロクへの道、キリング・フィールド、人々のアヘン、駅のブルース、列車で北部へ、花の時間、英語を話しますか?、ダナンの嵐、ケサンへ戻る、モンテスマの復讐、ドンハ、中国の龍、ゲティンのルビー、やさしいハノイ、ナイトクラブとVIP、フェリーの少女など多数の項目に分けている。写真が多いと書いたが、多数に分けた項目の中には文字のみという項目もも。また写真は全て白黒なのが効果的。ハロン湾のスペルは仏語版同様に(Bay of) Alongだ。

195x220, 178pp, SC, 英語
3,220
 C128
La Litteùrature Orale et Populaire du Viet-Nam, Vo Thu Tinh, Sudestasie, FRANCE 1993; 「ベトナムの口承、大衆文学」。 音楽的な要素解説のため、最初に声調の説明がある。ベトナム文字は全て声調など符号付き。白黒写真6150x215mm, 52pp, SC,フランス語。 1,510
C130
Florilège Jörai, Jacques Dournes, Sudestasie, FRANCE 1987 ;  「ザライ選集」、中部高原ザライ省近辺に多く居住するザライ族の口承文学を集めたもの。諺やなぞなぞもある。筆者は25年間に渡りインドシナ少数民族と共に生活し、ザライ語を話し、これまでにザライ族に関する著書を数冊記している。一部だがザライ語と仏語の対訳部分も。少ないがイラストも。140x215mm, 169pp, SC,フランス語 5,250
C137
A History of Vietnam from Hong Bang to Tu Duc, Oscar Chapuis, Greenwood Press, England (1995); 筆者はインドシナのフランス高等弁務官で海洋研究者。サイゴン海事大学校で教鞭をとっていた経歴を有す。有史以前から始まり1883年までの間のベトナム史を記述。歴代の王朝は全て名前を挙げ個別に解説。地図18。160x240mm, 216pp, HC, 英語 9,660
 C213
Old Hanoi, Mark Sidel, Oxford University Press, USA 1998; 東南アジアの生活と文化を紹介するオックスフォード大学出版のImage of Asiaシリーズの中の1冊。ハノイの初期の歴史、フランス植民地時代、ハノイの戦時中と戦後1945-1997年まで、新しいハノイの中のタンロンの痕跡、の全4章に分かれる。写真も見開きにほぼ1枚が配されており合計20点、中央近くにカラー写真が計17pp22点(写真は白黒とカラーそれぞれについて連番付)。コンパクトだがハードカバーの頑丈な造り。140x200, 72pp HC, 英語 4,200
C421

Bois et Bateaux du Viêtnam, Framcoise Aubaile-Sallenave, Centre National de la Rechelche Scientifique, FRANCE 1987; 「ヴェトナムの木と船」。ヴェトナムの河川・沿岸に浮かぶ船について、その建造方法や材料となる木を取り上げて解説。2部に分け、

1部は船の建造(船を浮かべ航行する方法は?、船体外側カバーとデッキとの隙間のコーキング、森での木材の採取、木材の利用、木工・製材・造船所に関連したベトナム語の用語、船体と船のコーキングにk名するヴェトナム語用語の全6章)、

2部は海洋建造物の材料(ベトナムの分類の名称い体形、植物由来の材料、の2章)、

その後に、本文中に出てくる主要回用意用語の用語集。参考文献、目次は。植物の現地語名、植物の科学名の
2種類がある。各種船の名称や船の構造、木の名称はヴェトナム語(声調等符号付)も併記。写真とイラストが実に豊富(イラストは合計37ppに、写真は全50点)。1

65X240
, 182pp, SC, フランス語 (古本ではなくデッドストック品を取り寄せた。新品で経年による古さもほとんど感じない)
9,900
C431
Dust of Life (A Young Nurse’s Heroic Mission to the Children of Vietnam), Liz Thomas, Dutton, USA 1978; 筆者は子供の頃から、マスコミで報道されるベトナムに関心を持ち、7220才のときに看護婦としてベトナムへ赴き、サイゴンのハウス(孤児院)で200人の戦争孤児のために働いた。家庭で第5子だったことから、子供達にはコー・ナムと呼ばれ親しまれた。彼女はベトナム女性がそうであるようにサンダルに黒のパンタロン、それに使い古したブラウスという姿が常だった。75430日のサイゴン陥落後も子供達を放っておけず、引き続き現地にとどまり、..。最初に1975430日という項目があり、以降は第1章、第2章から最後は第12章、エピローグとなる。写真8140x220, 210pp HC(DJ), 英語。 USED 綴じがやや弱いようだが、外観、中とも汚れや破れ、書き込みなどなし 3,870
C455
The Face of Viet-Nam (The Land & the People), A Mike Roberts Color Production, USA 1966; ベトナム戦争真っ只中の時代の南ベトナム紹介書としてユニークなアイテム。人々、サイゴン=東洋のパリ、、ベトナムの宗教、寺と墓、水運、畑・水田の人々、全軍がベトナム防衛のチームを作る、夕飯には何を、都市から離れて、プレイク=高原の中心地、高原少数民族の国、サイゴンがベトナムのすべてではない、ベトナム人にとって河川はライフライン、などと頁毎にタイトルを付け、各頁とも34のカラー写真を掲載。南ベトナム政府の宣伝出品物かと思ってしまうような内容!215x280, 24pp, SC, 英語。  USED 表紙の右下隅に欠けあり(画像参照)。表紙に若干のスレはあるが、それを除くと他に特記すべき不具合なし。 4,800
C460

The Men of Vit Nam (A Travel Guide to Gay Viet Nam), Douglas Thompson, Floating Lotus Communications, THAILAND 1998; 「ベトナムの男たち」。トラベル・ガイドではあるが、単なる観光案内ではなく、ゲイ向けのガイドとなっている点がユニーク。もちろん旅行の一般情報も入っている。

初心者の為のベトナム・ガイド(到着、歩き回り、宿泊、食事、トップ・サイト、ショッピングなど一般的な観光情報で、後の「ハノイ」も同様)、ベトナムのゲイ・シーン、ホーチミン市[サイゴン]、サイゴンの現場(バーとカフェ、ディスコ、カラオケ・ラウンジ、スクーター・シーン(女形男、出会いの機会)、暗い通り、いかがわしい映画館、他の公共場所)、ハノイ、ハノイの現場(バーとカフェ、ディスコ、カラオケ・ラウンジ、大都会の野外)、永久滞在地にする、ベトナムにおけるエイズ、ベトナムについてさらに(推薦書、ヴァーチャル旅行者の為に、ベトナム語エイド)に分けて記載。巻末
4頁のベトナム語によるエイズ情報は「複写・配布自由」とある。

所々に写真があるが、若いアオザイ女性は見られず、上半身裸でスポーツに励む姿など男性が圧倒的。ホーチミン市とハノイの地図
計7。地名他ベトナム語部分はきっちりと声調等符号付。135X190, 190pp, SC, 英語 。

表紙をめくったページ(ブランク)に筆者のサイン。絶版になって久しく、内容もユニークであることからその後価格が高騰し、現在では
US$100以下で入手できることは稀になっている。
6,480
C501
Uc Dai Loi No.1 (Australia Number 1; Words and Images of the Vietnam War), Raymond Wells & Elizabeth Boulton, Access Press, AUSTRALIA 2000; 「オーストラリアNo.1: ベトナム戦争の言葉とイメージ」。英越バイリンガルによる詩集で、ベトナムの風景等を描いた頁大のきれいなカラーイラスト(水彩)を配しているので、スケッチ集としてもよい。

グエンとの出会い、戻って来る夢、ダストオフ、昨日・本日、色々な素晴らしいこと、カレー、米・豪、聡明な人、ロンタン。マダム・バタフライ、
R&R、真実、家族と友人、山の人、農民….などのタイトルが付いた詩が英語とその越語訳で全31篇。発行は500部限定版。

250x180, 51pp, HC, 英語及びベトナム語。USED 本書はレビュー用の贈呈版で表紙裏側の対面ページ(文字印刷なし)に、レビュー用である旨書いた紙が貼られている。販売価格$35とも)

2,960
 C502
Vietnam: Croquis et Aquarelles de Vincent Besançon (Carnet de voyage), Gallimard, FRANCE 2000; ベトナム(ヴァンサン・ベサンソンのクロッキーと水彩画)」。ハノイ、ハロン湾、北部少数民族、中部の土地、ホーチミン市=サイゴン、メコン・デルタと各地の風景、人々をクロッキー(カラーー及び白黒)で紹介。写真以上に訴える力が!絵の説明も全てが手書き。275x215, 100pp(頁番号記載なし) , HC(表紙に窓がある), フランス語 7,730
C551
Cham Art (Treasures from the Da Nang Museum, Vietnam), Emmanuel Guillon, UK 2001; 1997年に仏語で出版された”Le Musee de Sculpture Cam de Da Nang”の英語版で、これより先にタイでは”Hindu-Buddhist Art in Vietnam”のタイトルで出版されており、それと同一内容。(表紙デザインもも同じだが、タイトルのみ異なる) ダナンのチャンパ博物館に所蔵されている彫刻を紹介したもの。博物館の歴史、チャンパの歴史を説明したあと、チャンパの芸術、ダナンのチャンパ彫刻=主な芸術作品100、博物館の他の作品の項に分け、作品をカラー及び白黒写真で紹介。 180x255, 204pp, SC, 英語 6,300
 C594
Mountains in the Sea (The Vietnamese Miniature Landscape Art of Hoøn Non Boä), Phan Vaên Lít with Lew Buller, Timber Press, USA 2001; 日本のボンサイ、中国のペンジンに比べると認知度が低く知られざる存在であったベトナムのミニチュア・ランドスケープ・アート「ホン・ノン・ボ」を紹介。最初にハロン湾やホアルなど特徴あるベトナムの景観に触れ、その後は作品、作り方、用具、ディスプレイ等について、写真を多用し紹介。全体が美術集のような作りになっている。195x270㎜, 232pp, HC(DJ), 英語 7,770
C658

Trích Li ca Mao Ch Tch  (毛主席语录 (), 外文出版社出版(北京)1972年版, CHINA 1972;  「毛主席のことば」、即ち毛主席語録であり、日本では通常「毛沢東語録」と呼ばれていた。「小さな赤い本」と言っても通じた。

この分は1972年版(従って林彪失脚以降のものとなり、林彪の前書きはない)。共産党、階級と階級闘争、社会主義と共産主義、人民内部の矛盾を正しく処理する、戦争と平和、帝国主義とすべての反動派はハリコの虎である、敢然と戦い敢然と勝利する、人民戦争、人民の軍隊、など全33項。文化大革命当時、日本でも中華系の書店だと各国語版が300円程度で販売されていたが。

95x135, 384pp, 赤ビニールカバー, ベトナム語。USED 若干の経年古さはあるものの、特記すべき不具合はなし。

  

15,020
 C669
UndauntedHeroes.jpg (27553 バイト)
The Undaunted Heroes (A Vietnam Diary), Sergei Vysotsky and Ilya Glazunov, Progress Publishers, Moscow, USSR 1973;  旧ソ連で発行されたヴェトナム戦争時のヴェトナム・スケッチ・ブックで、オリジナルのロシア語版の英訳。発行年の記載はなし。ウラジオストック~ハイフォン、水先案内人ダン、戦争の兆候、飛ぶ竜の都市、勇敢なヒロイン、全ては勝利の名のもとに、芸術家ヒエンの運命、などの見出しに分かれ、イラスト(スケッチ)とともに文字による解説。イラストは約130。簡単な線のものから、カラーで仕上げたものまで、その程度もまちまちだが、ヴェトナムの景色、人、戦時中の様子などがよく表されている。165x160㎜, (頁数記載なし; 約180pp), HC, 英語 USED 古さによる若干の(軽微な)汚れがある程度 12,960
 C675
You Can Take the Boy Out of Vietnam But You Can't Take Vietnam Out of the Boy(Anh coù theå mang nioât caâu trai ra khoûi Vieätnam nhöng anh khoâng theå laáy Vieätnam ra khoûi caâu trai), Bruce Weber, Gianni Versace, ITALY 1996;  もともと展覧会用に作られたL'Uomo Vogue Edizioni Conde Nast (Vogue Italia)の付録?扱いの非売品。モデルのケイト・モスKate Mossと写真家ブルース・ウェバー(Bruce Webber)など一行の写真が何点か含まれており、ベトナム写真集としてコレクターズ・アイテムとなっている。最初から最後まですべて写真(カラー/白黒)で、写真に対する説明はなく、所々に歌詞や詩を入れているのみ。ほとんどがベトナムの人々を写したものだが、ケイト・モスなどの写真が目をひく。販売用ではなく書誌事項についても記載がない。210x275, (頁数の記載はないが約80pp), SC, 英語 25,920
C748
La Sculpture du Champa (Tresors d’Art du Vietnam; Ve-XVe siecles), Cuimet, FRANCE 2006; 「(5世紀から15世紀の)チャンパ彫刻」。フランスのギメ美術館による監修で、委員会はフランスとベトナムの多数の専門家により構成。冒頭には両国の大統領(ジャック・シラク及びチャン・ドゥク・ルォン)などが一文を寄せている。

前書き、歴史、宗教、芸術、考古学、カタログ(01から96まで)に分類。各項とも3~5程度に小分類され、それぞれは執筆者が異なる。写真は多くがカラー(カタログの項はすべてがカラー)であるが、その解説も充実している。写真(及び図)は、項目のなかでの連番が付与されている。表紙折込みにベトナムの省区分地図や遺跡分布地図。

220x280㎜, 373pp, SC, フランス語
16,200
C757
Vietnam, Now (A Reporter Returns), David Lamb, Public Affairs, USA 2002;  新聞社の特派員としてオナム戦争を取材した筆者は、戦後ハノイに居住するという稀有な体験の持ち主。ベトナムの長い歴史を振りかえりながら、ベトナムという国の形成、戦時混乱時から平和繁栄時のサイゴン、サイゴン陥落を顧て、ドイモイの浮沈、誰がベトナムを動かしているのか、越橋:、強力なブレインと豊かな懐など全14章を記述。その現状を鋭く描き、ベトナムを再発見させる好著との評価多数。途中に8ppの白黒写真。160x240㎜, 274pp, HC(DJ), 英語 5,200
C766
La Trame Sacreùe de la Vie (Montagnard du Viêt-Nam), Willy Radin, Editions Olizane, FRANCE 1999;  「人生の神聖な糸(ベトナムの高原民族)」。筆者は人々の保護とその環境を守る活動をしているスイスの国際相互援助機関ヌヴェル・プラネートの創設者。

高原の発見、近くて遠い世界、二つのベトナムがある、保護されるべき生活の質、地球の霊性に向かって、ハンセン病に打ち勝つ、人間性に対する罪、私は植林する、育っていく希望、の全
9章に分類し、多数の写真(ほとんどが少数民族の人を写したもの)を掲載して記載。

写真は合計
110以上。215x280㎜、 139pp, SC, フランス語
7,910
C831a
Shells of Vietnam, Nguyen Ngoc Thach, Conch Books, GERMANY 2005; 「ベトナムの貝」。ベトナムで見られる約137種族の1534種及び亜種を掲載。それらは陸地・海のカタツムリ、二枚貝、オウムガイ、ツノガイ、ヒザラガイ、淡水貝を含む。それぞれについて、科学名、異名、英語名、越語名、特徴、平均的な大きさ、習性、分布、発見場所などが記されている。いくらかについては最大サイズや貝の用途も示されている。最初にベトナムの地方分類を示す地図、中に生き物が入っている貝、蓋付き貝の一覧、系統的整理、ヒザラガイなどに続きGastropodsの項目は本書の半分以上を占める。そのあとにツノガイ、オウムガイ、二枚貝という項目があるが、以上の部分は文字による。以降は91ppにわたってカラー写真のページ。貝の形や色が分かりやすいようにバックは真っ黒である。その形や大きさにより異なるが1ページあたり8~41の貝の写真が掲載。最後(写真頁の前)に、科・属の一覧、文献、それに英語名、越語名、科学名の索引。本書は筆者が28年をかけて収集した貝を注意深く研究、分類し、写真に収めたもので、ベトナムの貝の研究に欠かすことのできない1冊となっている。215x300, 338pp(+写真91pp), HC, 英語。 

この分はUSEDだが、ハードカバーだと傷みがちな角も綺麗で使用感もほとんどなく、特記すべき不具合なし。(左画像は今回分)
21,000
C842
Air France Indochine (Icare, Revue de l’Aviation Francaise), Syndicat National des Pilotes de Ligne, FRANCE 1997 ;  フランス航空界の雑誌Icare1997年第4号で、全体が「エール・フランス・インドシナ」の特集号。1791年から第1次世界大戦までのインドシナにおける航空機、航空機でみるインドシナの時代、雲南鉄道、飛行機で行くインドシナ、地図製作パイロットのロベール・ラムベール、エール・フランス・インドシナ1938-1945年、エール・フランス・インドシナ取締役殉教者フランソワ・マルタン、フランソワ・マルタン:奮闘する我が友、フランソワ・マルタン:英雄の死、証言、Ailes19451013日号からの抜粋、インドシナの歴史要約など14の章に分け、多数の写真、       イラスト、地図を掲載して記載、説明を進めている。写真は航空機に関連したものが多いのは当然だが、初めて航空機でインドシナに到達したパイロットの写真や、メコンやハロン湾の水上飛行機の写真など珍しいものも多く、全部で150以上。240x320, 138pp(インドシナ関係は125ppまで), SC, フランス語  6,120
C1044
L’Envol du Dragon: Art Royal du Vietnam, Musée National des Arts Asiatiques – Guimet & Musée National d’Histoire du Vietnam, Musée National des Arts Asiatiques – Guimet, FRANCE 2014;  「舞い上がる竜:ベトナムのロイヤル・アート」でフランスのギメ東洋美術館とベトナムの国立歴史博物館の共同編集により、後者が201479日から同年915日まで開催された同名(舞い上がる竜:ベトナムのロイヤル・アート)エキシビジョンの出展カタログとして発行したもの。こうした美術館のカタログは鮮やかなカラー写真で、頁をめくっていくだけでも実に魅力的であると同時に解説もしっかりしたものであるのは言うまでもない。分類としては、ベトナム芸術の中の竜、タンロン(ハノイ)王都=昇竜の都市、ベトナム陶器の中の竜の描写(11-15世紀)、15及び16世紀のベトナム陶器の青白装飾、ベトナム仏教の幾つかの側面、グエン朝芸術の中での素晴らしい動物の表現。その後に年表、目次(ベトナム文字でアルファベット順だが、それぞれに対応する漢字も)、文献2pp。出展物のカラー写真はCat番号として連番が付与され、1から160まで。それ以外に、解説に関連した白黒写真はFigとして分類ごとに連番があり全部で40ほど。240x290, 191pp, SC, フランス語 9,850
     

レロイ書店ホーム