MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army V

Jason M. Harby, Hardy Publications, USA 2013

 

筆者は先に
SOG: Team History and Insignia of a Clandestine Army (Volume 1)
MAC V SOG: Team History and Insignia of a Clandestine Army V2  (Volume 2)
MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army (今回分のVol.1に相当: 2011)
MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army II (2012年7月)
MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army III (2012年11月)
MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army IV (2013年3月)

(最初の2点は共著)を発行した人。

本書(Vol.IV)はVol.I, II, III, IVに続きMAC V SOGの3つのチームについて 多数の写真を掲載し紹介。

 

 

前書きのあと、MAC V SOGのコンパウンドの歴史的進化、チーム構成について写真と文章で説明をしてから、MAC V SOG3つのチームを紹介。3つのチームとは、

リーコン・チーム・アラバマ(構成メンバーの紹介の他FOB#1, 37エアロスペース・レスキュー&リカバリー中隊, CCCでの再編, ミッション・マップ、捕虜確保、第1, 2世代パッチ、少数民族の隊員人要員など)
リーコン・チーム・ハブ(構成メンバー紹介の他、FOB#4, 68年の北/ベトコンのCCN攻撃、第1, 2, 3世代パッチ、少数民族の隊員1969&1970&1971年初期と後期, 偵察チーム・リーダーズ・コース、RTハブのマスコット、モルヒネ、戦争土産、RTイントルーダー・ブライト・ライト、RTアラスカ・ブライト・ライト、72年のRTハブ、RTハブの解隊)
●リーコン・チーム・ミシガン(フーバイの
FOB#1、構成メンバー紹介のほかに、スパイク・チーム・ミシガンの週間報告、1968年のRTミシガン、第5特殊部隊リコンドー・スクール、第1、第2、第3世代のパッチ、ミッション、RTミシガンの戦利獲得物、少数民族隊員1969年初期・後期・70年初期・70年、解隊)である。

 

 

 

 

残るページで付録としてインシグニア、用語集。それぞれのRTの構成メンバーの紹介については、一人一人について写真を載せながら詳しく紹介しているのは従来分と同じ。用語説明の部分を除いてどのページを開いても写真が詰まっており、MAC V SOGのさまざまな姿を見たい人には最適だ。

 

 

 

筆者から直接購入したものでサイン付、500部限定で個別番号が付いている。
220x285
o, 390pp, HC(DJ), 英語

 

商品番号: D1443
在庫: SOLD OUT

販売価格(税込): 28,600円


MAC V SOG: Team History of a Clandestine Army V

Jason M. Harby, Harby Publications, USA 2013

 

本書はレロイ書店で取り扱っています。
(品切れになることもあります。お問合せ下さい)

ベトナム戦争・インドシナ戦争写真集(書籍)のページ

レロイ書店のホーム