色々なコレクターズ・アイテム

  2017年12月の入荷分  

29/30

V988以前の商品は V962-1〜V988 をご覧ください。

番号

画像(表、裏又は...)

商品名 (説明、状態など) 価格(円)

インドシナの地名、マルチ・ビューの絵葉書 

V989〜はマルチ・ビューMulti Vuesとはマルチ写真、すなわち1枚の絵葉書の中にいくつかの写真が入っているようなものを指す。

1900年代の初めに発行されたものは、当然だが圧倒的に北部トンキン地方のものが多い。中部以南となるとそれなりの大きな都市でも見られない。

V989

アンナン ANNAM

通信欄の記載はないが、1C切手(1907年発行)が貼られ、消印が押されている。日付は読めないが、地名はクァンイェン(Quang Yen)である。

クレジットは左下Marque au Brule Parfumのロゴ、右下にDieulefils, Photo-editeur, 未使用だが通信面はいく分変色、色むらがある。

755
V890

アンナンからこんにちは UN BONJOUR d’ANNAM

クレジットは左下部にある天秤棒を担いだ女性のイラストで記されているM.Passignat(下画像は当該部の拡大)で、ハノイの美術商、輸出入業者である。

未使用で通信欄に"Collection J.F.M.”の印が押されている。経年などで通信面にいくらか汚れが見える。

1,410
V991 アンナンのお土産 SOUVENIR D’ANNAM

クレジットはANNAMMの文字の下にあるようにM.Passignat.

未使用で経年による汚れなどもほとんどない綺麗な状態。

2,700
V992

バクニン BAC-NINH

BAC-NINHのそれぞれの文字中の写真には駅(gare)、教会(eglise)、市場(marche)というように手書きの説明がある。

差出はバクニンからで、印もトンキン、バクニン、1906103日の日付が読める。宛先のセーヌ・アンテフェリュール(Seine-Inférieure)は現在は存在しない地名だが、1789年のフランス革命により作られた行政区で、セーヌの下流を意味していたがinférieureの語が下等というネガティブな意味をもつことから、その後1955年にSeine-Maritime と名前が変更されている。

印が二つあるうち右側の印が半分のみだが、そこに貼ってあった切手が剥がれたのであろう。

画像で分かるように通信面には黒っぽいシミがある。

2,240
V993

キャップ・サン・ジャック CAP SAINT JACQUES (Souvenir)

Souvenir Cap Saint Jacques 文字の周りに7つの風景写真。発行はPlanté éditeur Saigon.

現在のヴンタウである。いずれも海の入ったそれらしい写真が選ばれている。シルバー・プリント。表の右下角に小さな折れ目。通信文が書かれているが日付はなし。

970
V994

キャップ・サン・ジャックの土産 Souvenir du Cap Saint-Jacques

発行はPlanté, Éditeur, Saigon. No.323. 現在のブンタウ。写真は4点、うち3点は海の光景。

フランスのリオン宛。写真面で薄いが茶色スポットが見える。

850
V995

ショロンからの土産 Souvenir de CHOLON   

ショロン(チョロン)。No.324 Planté, édi?, Saigonのようだが一部分かりにくい文字あり。合計14の小さな写真は、明らかな中国人もおり、ショロンらしいものが選ばれているか。

未使用だが、地面は経年汚れがある。

950
V996

コーチシナからの土産 1  Souvenir de COCHINCHINE

文字の上部周辺に写真。クレジットは321 Planté, Éditeur, Saigon

通信文の日付は1907613日サイゴンで、送り先は中国のTien Tsin(天津)。10C切手の消印日付は615日、中国天津着印は72日。若干の経年古さはあるが、目立つほどの不具合はなし。

1,405
V997

コーチシナからの土産 2  Souvenir de COCHINCHINE

地名の文字内に写真

発行はPlanté Photo Saigon. 多くの写真が入っているが、注意深く見るとCOCHINCHINEの二つあるIの文字の中で前の方の中央と後ろの方の上の写真の女性は日本人であり、それらが繫がった3人の絵葉書がある。他にも同じ写真の右と左で別の文字中に入ったものがある。

発行はPlante Photo Saigon.

スタンプはサイゴン中央郵便局、1908年、フランスのロワール県ファシエール宛。着印の方はLA HAIE FOUSSIERE、年月日は08329日か?通信面にいくらか汚れあり。

1,080
V998

ダップカウ DAP-CAU

左下にはMarque au Brule Parfum、右下にはP,Dieulefils, Hanoiが記されているが、5C切手を貼っているため一部が隠れている。切手への消印は読み取れないが、通信欄のものだとハノイ、1909212(?)日と読める。送り先もハノイで、第9植民地歩兵連隊第3中隊の人物(隊員だろう)に宛てている。部隊名は通常は9e Colonialeあたりまで略するのが普通だが、ここでは9e Reg d’Infa.. Colonialeのように記されている。

一般的な経年古さ。

2,520
V999

ダップカウからの挨拶  Salut de Dap-Cau

ダップカウはバクニン市の北東部に位置するバクニン省内の町。現在はあまり知られていない地名だが、20世紀初めには第5外人歩兵連隊、第3外人砲兵連隊などが駐屯した地である。

通信欄の印は1907712日、宛先はバクニンの第3大隊第2中隊の人物。

1,980
V1000

ダップカウの土産  カラー Souvenir de Dap-Cau.

カラー(手彩色)。先のSalut de Dap-Cauの絵葉書同様、こちらにも左下に13の首級写真がある。

差出印は19075月、トンキンの...GODESと読めるのはセト・パゴデゥ(Sept Pagodes)であろう。1891年に設立されたトンキン第1軍事地区の地名であるが、1895年にはモンカイの領土に組み入れられている。がその後も地名は残った。 実際の名前はファライPha Laiだが、それも現在ではよく知られているとはいえない。フランスのオート・ガロンヌに宛てて差し出されたもの。

2,520
V1001

ドンダン Dong Dang.

今日は中越国境ゲートのある場所でランソン省に属する町。

Collection M. Passignat, Hanoi.

ハガキは未使用で、写真面の黒い部分に指紋のような跡が見える。

3,890
V1002

ハイズォン  HAIDUONG

HAIDUONGAの文字の上部に和服姿の日本人女性がいる。その女性の絵葉書(商品番号V430)そのままのポーズ(当該絵葉書では「ハイフォンの日本人女性」)。仏印5C切手の消印はTONKINHANOIであろう、年は1908年のようだ。

Collection M. Passignat, Hanoi.

一般的な経年古さだが、裏面右上隅に茶色いシミ。

2,160
V1003

ハイズォンからこんにちは カラー  Un Bonjour d’Haiduong,

カラー(手彩色)

クレジットは左下の天秤を担ぐ女性のロゴで、M.Passignat

ハイズォンはハノイとハイフォンを結ぶ線の中間よりややハイフォンよりに位置する。差出は1917110にハイズォンから。また通信欄左上隅に長方形印が押されているが、それが何かは不明。

一般的な経年古さに、裏面右端が暗くなっているが全体には綺麗な状態

3,940
V1004

ハイフォン 文字の並びが水平 HAIPHONG

右下にシャネルのロゴがと思わせられるものがあるが、Cは二つではなく、3つのCがかさなっており、このロゴ風マークの下にはHAIPONGの文字がある。またCが交差している部分にS, R, Iの文字があるが、何の略なのかは不明。

また、宛名欄にタイプ打ちされている”Corection de Haiphong””Correction…”のミスか。

一般的な経年古さあり。

1,535
V1005

ハイフォン 文字並びが右上がり HAIPHONG

右下にP.Dieulefils、左下にはBrule Parfumのロゴ。

サイゴン中央、手書き部分は1906829日だがスタンプは9月になっている。ヴォクリューズ(読めるのは..CLUSEの部分のみだが)の着印があり、06年の10月であろうか。宛先は童謡の「アヴィニョンの橋の上で」で有名なヴォクルーズ県のアヴィニョン。一般的な経年古さ。

970
V1006

ハイフォンからこんにちは Un Bonjour d’Haipong. 

トンキンのセト・パゴデゥSept-Pagodes19061221日の消印で、フランスのオート・ガロンヌ宛。d’Haiphongと印刷されている上に手書きで”de ton fils”と書かれているのは「あなたの息子からこんにちは」ということだろう。

経年古さも軽微。

2,160
V1007

ハノイ HANOÏ

右下にP,Dieulefils, Hanoi. 左下にはBrule Parfumのロゴ。

絵葉書は通常、印刷のある表と裏の紙とそれらに挟まれた紙1枚ないし2枚から構成されているが、この分は表のみが残って、裏と中は欠落している(従って裏は無地)、また下端全体、右下文字のある部分にも傷みがある。

380
V1008

トンキン、ハノイの行政機関 TONKIN HANOÏ ADMINISTRATIF

ハノイの行政機関の写真を4

左下にP.Dieulefils、右下にはBrule Parfumのロゴ。

未使用だが、通信面が経年により着色。

1,730
V1009

ハノイの軍事関連 HANOÏ MILITAIRE

ハノイの軍事関連施設の写真8点が入ったもの。右下余白部にP.Dieulefils, Hanoi.左端余白部にはCollection P.Dieulefils, 44 Rue Paul-Bert, Hanoi.とある。経年古さをあまり感じさせないきれいな状態。

4,320
V1010

トンキン、ハノイの歴史的建造物 TONKIN HANOÏ MONUMENTS

ハノイにある歴史建造物4点の写真。

クレジットはP.Dieulefils, Hanoi. 裏面通信欄には「トンキンの首都」と書かれており、フランスのタルン=エ‘ガロンヌ宛てに送られたもの。

赤茶色っぽい汚れが左側上下に、宛名あたりには茶色っぽいスポット状のものが見える。写真面は綺麗な状態。

2,740
V1011

ノイ 行くべき2980日以上、学校万歳 Hanoi Plus que 2980 Jours A Faire. VIVE LA CLASSE. 文字の中などの写真を見ると学校とは軍学校か。

フランスのヴォクリューズ県カヴェヨン宛で、印も同地のもので190689日の日付。

全体に薄く汚れている。

3,240
V1012

良い年を(制作ハノイ) BONNE ANNÉE

「良いお年を」と書かれているのみなので、どこのものとも言えないが、制作者が右下にP.Dieulefils, Hanoi。どの文字の中にも女性の写真が入っている。

左上にはサイゴン中央の二つの消印があり、右側が1907130日という消印があり、右上には中国天津のフランス郵便局の07215日の消印がある。

宛先欄が色違いの文字で乱れているが、受取は下士官で、最初の宛先は細ペンで次いでフランスのトゥーロン宛(フェルトペンのような太い黒字)だったものが、赤字のサイゴン宛となり、更にそれが青文字の中国宛になったか?従って左上のサイゴン中央の印2点は異なる日付ではと思われる。また写真面の右上隅にも印があるが読み取れない。

経年でやや変色あり。

755
V1013

良い願い(挨拶;制作ハノイ) BONNE SOUHAITS

仏語の祝辞、お祝いの言葉で、それぞれの文字の中に女性が入っている。

左下にはBrule Parfumのロゴ、右下にP.Dieulefils, Hanoi

サイゴン中央の1907821日のスタンプが明瞭で、フランスのノール宛てに差し出された。写真面で右上隅が僅かに書けている。宛名部分などに汚れ。

860
V1014

フエ Hが大 、文字並びが右上がり Hué

右下にP.Dieulefils、左下にはBrule Parfumのロゴ。

ハガキは未使用。Hの右下からUにかけて手書き文字あり、左端に若干の痛み。裏面は経年のスレなどによるもの右端近くで汚れがやや強い。

970
V1015

フエ  文字サイズ同じ、文字並びが水平 Hué 

こちらの写真は人が主体。

左下にCollection M. Passignat, Hanoi. この分はずっとレア。

ハガキは未使用で裏面の右端近くが黒く。

3,135
V1016

インドシナ l’Indo-Chine

特、写真はほとんどがベトナムのものであるようなのは上と同じ。

Collection M. Passignat, Hanoi.

切手2枚への消印はキャップ・サン・ジャック、通信欄の印二つは、片方がキャップ・サン・ジャック、他方がサイゴン中央で、こちらの方は1906122日の日付が明瞭。写真面のSouvenir..の白枠部分には「1907年の幸運を」という手書きのメッセージが読める。新年メッセージは通信欄も同様。宛先はスイス、(ヴォード県)ロール。

経年による標準的な汚れあり。

1,190
V1017

インドシナの土産 Souvenir de l'INDOCHINE

特定の市、町ではなく、大きく「インドシナ」としているが、写真はほとんどがベトナムのものであるようだ。人が多いが、討ち取った首級のものもインドシナらしい光景ということか。

クレジットは、右下隅近くに小さいながら天秤棒を担いだ女性のイラストと共に記されているハノイのM.Passignat

通信欄は191024日ハノイからフランスのオート・ソーヌ県に差し出された。

通信面に経年による一般的な汚れがある。

970
V1018

ランソン LANG-SON  

左下隅近くに小さいながら天秤棒を担いだ女性のイラストのハノイのM.Passignat

2枚の切手の消印はランソンで、091121日。宛先は第10植民地[注:連隊?]Haiphon Interiereのように読めるが?

写真面出来ると上部に1本、下部に何本かの白スジが見えるのは部分的な折れで、裏面から見るとあまり目立たない。

1,230
V1019

ランソンからの土産  白黒 Souvenir De LANG-SON

文字中の写真はほとんどが人だが、ほぼ中央Gの下部には13の首級が。その下に発行者のM. Passignat, Hanoiのロゴ。

赤ペンで書かれたメッセージ欄の日付は19061226日、手書きでVII Pagodesは消印から読めるようにSept-Pagodes(セト・パゴドゥ)。このSept-Pagodesはフランス人による地名で、現在はPh Liと呼ばれている。

パリの植民地省の事務長に宛てたもの。

写真面左上隅にシワ、8o長の破れなど傷みあり。

2,720
V1020

ランソンからの土産  カラー Souvenir De LANG-SON

上と同じデザインだが、こちらはカラー(手彩色)。発行者M. Passignat, Hanoiのロゴ。

裏面の印は14519日か。中国のフランス郵便を使っている。宛先はフランス、ドルドーニュ県、サン・シプリアン。

通信欄には経年による茶色いスポットがある。

2,980
V1021

ラオカイ LAO-KAY

現在ではローマ字でもLao Caiと書かれる場所。地名のYの下部は日本人女性である。同女性の絵葉書も存在するた、それでは「ハイフォン 日本人女性」とあり、ラオカイと縁があるのかどうかは??だ。

ハガキは未使用で、通信欄の経年古さもほとんど感じないほどだが写真面左上部に楕円形の印が押されている。TONKINが読み取れるが、それ以外は不明。

1,840
V1022

モンカイ MONCAY

現在はMon Caiと記される。ベトナム最北部の中国と国境を接するクァンニン省の市である。

宛先はトンキン、ホンガイの第18植民地第13中隊の隊員(?)宛て。

写真面の文字Nの上部が白くなっているのは切手が剥がれた跡。その他は一般的な軽い経年古さ程度。

1,840
V1023

モンカイからの挨拶 SALUT de MONCAY

"Salut”の他の絵葉書と比べると分かるが、文字の中の写真は全て同じで、右下白枠の中の地名を変えているのみである。

発行は、天秤棒を担いだ女性のイラストのノイのM.Passignat

日付は不明だが、フランスのオーラン県ベルフォール宛てに差し出された。

一般的な経年古さ。

3,340
V1024

ミトからの土産 SOUVENIR de MYTHO

写真は文字の中ではなく中央に3点のみ。いずれもミト地域の風景か。

No.332 Planté édit.Saigon

裏面の通信文から、サイゴンより19131025日に書かれ、フランスのヴァンデ県宛てに送られた。

経年古さをあまり感じさせないきれいな状態。

980
V1025

ニンビン  NINH-BINH 

北部ベトナムにある省名であり、その省都名でもあるが、一連の地名マルチビューの絵葉書で扱われている場所の中では、フエやサイゴンを除く地方のものとするともっとも南の方に位置する地である。

左下にCollection M. Passignat, Hanoi.

一般的な経年古さがある。

3,890
V1026

ヌイデオ  NUI-DEO

ヌイデオはハイフォンの北方11qの町。

左下にはMarque au Brule Parfumのロゴ、右下にDieulefils, Photo-editeur, Hanoi.

Uの文字の上に切手が剥がれた跡とその部分に消印がある。下端中央部、黒い部分に黒ペンによるサインがある。裏面の住所欄にはトンキン、ホンガイの第18植民地(連隊)第13中隊の人の宛名がある。

裏面は一般的な経年古さ。

 
V1027

プノンペン PHNOM-PENH

カンボジアのプノンペン。同様の地名マルチ・ビュー絵葉書はトンキン地方の地名が圧倒的に多く、その他の地域は僅かだが、これは珍しいプノンペンのもの。写真の人も同地の人が多いようでもある。

左下にはMarque au Brule Parfumのロゴ、右下にDieulefils, Photo-editeur,
755
V1029

フー・ラン・トゥオン PHU-LANG-THUONG

フー・ラン・トゥオンとは現在はバクザン省の省都バグザンの旧名だが、細かく言えばバクザン市南東、ハノイからだと北東方向45qに位置する。1884年、フランスがランソン占領を目指しマンダリン・ロードでの重要拠点とした地。

Lの文字中の上部は日本人女性。

左下にCollection M. Passignat, Hanoi.

ハガキは未使用で、経年古さも軽微。

3,240
V1030

フー・ラン・トゥオンからの挨拶 カラー SALUT de PHU-LANG-THUONG

手彩色のカラー絵葉書。

ハガキは未使用で、経年古さも僅かのみ。写真に写っているのは首級も含めて男性ばかり

左下M.Passignat, Hanoiのロゴもカラー。

ハガキは未使用で、経年古さも軽微。

3,565
V1031

フーリからこんにちは Un BONJOUR de PHU-LY

フーリPhu Lyとは、ハノイの南方60qの位置にあり、現在はハナム省の省都。

左下に天秤棒を担いだイラストのロゴあるが、それはM. Passignat, Hanoi.

ハガキは印がトンキンのドンチェウ(Dong Trieu)190618日に差し出され、宛先はフランスのモゼール県ムルト。ドンチェウとはハロン西方60qにあり、現在は陶器の手工芸で有名な場所。

経年により裏面は全体に薄い茶色スポットが広がっている。また写真面で右上角に折り目あり。

1,980
V1032

クァンイェン1 QUANG-YEN

クァンイェンはハイフォンの北東方向にあるクァンニン省内の町。クァンニンQuang Ninhの名前もクァンイェンQuang YenとハイニンHai Ninhの名前を合わせたもの。

左下にはMarque au Brule Parfumのロゴ、右下にDieulefils, Photo-editeur, Hanoi.

通信欄で年は不明だが515日ハノイより、フランスのヴァール県トゥーロンに宛てられたが、住所が赤(ピンクに近い赤)で横線が引かれ、サン・マドリエ病院にいるらしい。

経年古さは軽微。

1,295
V1033

クァンイェン2 QUANG-YEN

文字中の人物写真はダブっている人が多い。

左下に小さくBrule Parfumのロゴ。

通信欄で年は不明だが515日ハノイより、フランスのヴァール県トゥーロンに宛てられたが、住所が赤(ピンクに近い赤)で横線が引かれ、サン・マドリエ病院にいるらしい。

ハガキは未使用で、裏面左端が黒っぽく汚れているが全体の経年古さは一般的かやや軽め。

1,460
V1034以降の商品は V1034-  をご覧ください。

コレクターズ・アイテム(一般)
Go backPrevious Next Continue

コレクターズ・アイテム(一般)
         10 11  12  13 14  15 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

コレクターズ・アイテム(ミリタリー・戦争)
             10

レロイ書店ホーム   ご注文は service@nsleloi.co.jp まで